シミの原因は紫外線以外に何があるの?

顔に出来るシミの原因に真っ先に思い浮かぶのが紫外線ですね。

 

なので日ごろから日焼け止めなどの紫外線対策をしている方は多いと思いますが、シミの原因には紫外線以外にもいっぱいあるんですよ。

 

 

紫外線以外でシミの原因は以下になります。
・加齢
・ストレス
・睡眠不足
・肌の炎症
・肌荒れ
・ニキビ
・ホルモンバランスの乱れ

 

 

色々な原因がありますが、シミの種類もそれによって変わってきます。

 

なのでここでは具体的にどんなシミがあるのかご紹介しますね。

 

 

【お肌が老化することで出来るシミ】
年齢に関係なく、肌が老化することで出来てしまうシミです。
主な原因はストレス、乾燥肌、紫外線、睡眠不足になります。

 

【炎症性色素沈着】
肌荒れ、アトピー、ニキビ、やけど等で炎症してしまうと、触れることによる刺激や活性酸素のせいで色素細胞がメラニンを大量に作ります。
作られたメラニンが排出されないまま沈着してしまうことで炎症性色素沈着が出来ます。
顔だけでなく全身に出来るシミになります。

 

【花弁状色素斑】
肩〜背中にできるシミで、大きさは豆粒位なので他のシミと比べても大きくなるのが特徴。
主な原因は紫外線で、夏場の海水浴やプールなどで長時間紫外線を浴びることでメラニン色素が作られてしまいます。
普段見えない所なのでなかなか気が付かない場合が多いというのと、シミが出始めるまでに1~3ヶ月ほどかかるのでケアが遅れてしまう事も...

 

 

 

他にも肌を擦り過ぎることで出来てしまう「摩擦黒皮症」があります。
洗顔で顔を思いっきりゴシゴシこすったり、体を洗うときにナイロンタオルなどで強く擦る方は要注意です。

 

 

紫外線などでメラニン色素が作られてしまっても、ターンオーバーがしっかりしていれば角質と一緒にメラニン色素も一緒に出されます。
ただ、紫外線の浴び過ぎやターンオーバーが乱れた入りしているとメラニン色素の排出が上手くされずに、シミになってしまうんです。

 

 

なので紫外線などの刺激対策も必要ですが、きちんとターンオーバーを整えることがシミ対策には必要になってきますね。

 

関連ページ

出来てしまったシミをどうにかするならビタミンCを摂ろう!
シミのケアをするならビタミンCを摂ることがお勧めです。なぜシミにビタミンCが良いのかご紹介します。
ビタミンCを摂り過ぎて副作用はないの?
シミにはビタミンCが良いと言いますが、摂り過ぎることで副作用はないのでしょうか?ここではビタミンCの副作用についてまとめています。